スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

wreath



花の冠→wreath(リース)
これには様々な願いがかけられる。

リースの由来は様々で、魔除け(葉に殺菌効果のある常緑樹やハーブ)、
豊作(葡萄のつる、松ぼっくり、稲穂)、永遠の象徴(モミや月桂樹)といわれる。
このXmas時期に飾られるのは、歓迎のしるしや新しい年へつながるものとも。

日本では玄関に飾るのは、装飾的イメージばかりですが
ツリーよりも歴史があるこのリースは神聖で人の願いが込められた象徴だった。

そしてXmasにもいろんな願いが込められている。
もみの木・・葉を落とさないことから永遠の象徴。
枝が十字架に似てることから「聖なる緑の木」とも。
Xmasカラーの赤→キリストの血の色。緑→永遠の命。白→純潔。

もうそんな時期なのですね、、
2012enjoy!!


KoHoのリース展
茅ヶ崎のすずの木カフェさん、ありがとうございました!


森のwreath


HERBのwreath


紅葉のwreath in城山


リース作り教室も開催しました。
みんなでわいわいとハーブティー飲みながら。
それぞれの作品ができるから楽しいひと時


追い込み中、、ウヘヘ☆テトです。
皆様にも、Happy Merry Xmas!!




茅ヶ崎の路地裏カフェ「すずの木カフェ」さん」
本を読みながらゆっくりゆっくり過ごせます。


ランチもこのメニュー、、本当に美味しい!!
茅ヶ崎へ行く際にはぜひぜひ〜!

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL