スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

冬の華

 
Helleborus キンポウゲ科
(ニゲル×チベタヌス)

俗にいわれるクリスマス・ローズ。
寒い冬の庭の彩。

なかなか上を向いてくれない、、
数年たたないと花を咲かせてくれない、、
そして日陰が好き、、
涼しいのが好き、、

とこの地味加減も裏腹に頑強で育てやすくて
こぼれ種でもよく増えてくれる。
これまた魅力なのが、こぼれた種からは、
原種以外は親と同じ色の花が咲かない、、
咲いてからやっと知れるのです。

引っ越しも乗り越え、今年も花を咲かせてくれた
Helleborusの原種たち!よく頑張った!嬉しいので紹介しちゃいます!


クロアチアカス(h.croaticus)

クロアチア辺りに生息する原種。
原種のなかでは比較的に育てやすいしおすすめ♪


オドルス(h.odorus)

スロベニア・ルーマニア・ブルガリアなど東ヨーロッパ原産。
香りのある品種といわれるが、、なかなか漂ってはくれませぬ。


デュメトルメ(h.dumetorum )

小さな花を咲かせてくれます。無事に夏を超えてくれました!


ニゲル×チベタヌス h.niger×h.thibetanus

ニゲルとチベタヌスの子どもです。
原種じゃないです、、すいません、、笑。
大好きな原種同士のかけあわせです。
蘭や桜など様々な品種にみられますが、
馬の世界のように父が誰で母が誰でと、、
ここ数年、、いや江戸時代からも始まってますが
園芸界でもかけあわせはブームですね、、、
いいのか悪いのかはわかりませんが
ついつい心をくすがれてしまった品種です、、



my roomで生息中の緑たち、、
冬の日差しも気持ち良くなりました




グリーンネックレス キク科セネシオ属

冬にも花を咲かせてくれます、、キク科だったんだ、、驚!


リプサリス(右の細葉) サボテン科リプサリス属

リプサリスの花が咲いてます!
このまま黄色い実をついてかわいいのですよ~


ウフフ、、Love、、、

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL