スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ドイツ紀行〜植物園編〜

お休みをいただき、
ドイツに行ってきました〜☆
田舎はもちろん、街や住宅地にも
至るところで大樹が生息し
木の実は実り鳥も囀り、
住み心地の良さをしみじみと感じ、
体調も復活し帰国しました〜。
さすが自然療法の国!
ビールと美味しいおつまみのおかげ??フフ☆

ドイツの自然療法や
人々の生活に根づいたお庭やハーブを
訪ねたいとドイツのパン職人、
kirschbaumのみなぱんにリクエストをし
ベルリンとその近郊中心に毎日歩き回ってきました。
kirschbaumさんありがとうございました〜(ToT)/



まずはBotanischer Gartenからご紹介。


ここはイギリスのキューガーデン、
カナダのモントリオール植物園に次ぎ
世界で三番目?の敷地面接を誇る植物園。

草花は一年草などの園芸種や花壇は入口のみで
樹木と各地に植栽されるハーブゾーンが多くを占める。
宿根草などの季節の野草も至る所に植栽され
手入れはよく行き届いているのに
自然感を感じられる植物園。
樹木ゾーン、果樹ゾーンもなんとなーく
テーマごとに各地に植栽され感激の見応え。


モミのゾーンには枝垂れモミなど
様々な針葉樹が並び、欧米らしい。
関東ではこんなきれいにモミは育たない、、

シーバックゾーン(シーベリー、ウミクロウエモドキ)
日本では自生せず見かけませんが、
種子油などのコスメやビタミン類が豊富で
抗酸化作用が多いことから健康食品などによく使われていました。

mespilus germanica(メドラー、セイヨウカリン)
薬草の植栽でよくみかけられた木のひとつ。

他にもたくさんの木の実が植栽されてました。
ベルリンでは植物園に限らず至るところに
果樹が植栽されています。

こちらは世界一を誇る温室らしい!




大陸ごとに植栽が分けられていて
温度や土質も各大陸の植物にあわせられ
熱帯ムンムンの温室とは
また違う味わいを楽しめます。
説明板がどこも丁寧で美しい、、。

広大な秋色の薬草ゾーン。
写しきれませんが何区間にも渡り広がります。
私でさえも聞きなれないハーブもあり、、
まだまだですな、、

種もそのまま、、
にみえるが枯葉などはきっと撤去されている。
活きな手入れです。




毒草ゾーン!


園を出るときにはカケスさんあらわれたー♪
ベルリン市内、、外はもうバス通りなのに、、
自然豊かですね☆
今後の庭づくりにも活かして
いきたいと思います!

今回はまった発酵ビールHefe weizen。

BIOカフェでもこのボリューム!

ドイツの自然療法や街のことなどなど
また少しずつアップできればと思いますー☆


スポンサーサイト

コメント

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2015/12/21 00:12
トラックバック
この記事のトラックバックURL